借地契約をするときには更新をしなければなりません。

キレイな高層ビル

住宅の更新

家を想像する夫婦

土地を貸す場合、注意しておきたいのが借地借家法という法律です。この法律により、借りる側の権利が非常に強く保護されています。 土地を貸す場合、借地借家法ではその存続期間を30年とします。これより短い期間を定めることは出来ません。その後、1回目の更新では20年間、2回目以降は10年間刻みで更新することになります。 本来であれば、更新するかどうかは、貸主と借主双方の話し合いによります。しかし、この法律により、借主が更新を求め、建物が存在しているだけで、更新することになっています。貸主の同意がいらないこの更新を、法定更新と言います。 正当な事由がなければ、貸主は契約更新を拒絶することができません。土地を貸すのであれば、法定更新の存在を忘れないようにしましょう。

更新時において、貸主の側が更新を拒絶するには、拒絶する正当な事由が必要となります。正当な事由としては、次のようなものがあります。 例えば、貸主が土地を使用することを必要とする事情があることです。その土地でないといけない理由があることが必要です。また、借主が他に使用できる土地があることも求められます。 次に、借地に関する従前の事情が変わった場合があります。契約の際、設定していた義務の履行がされていないなど、そういった事情が必要です。他には、土地の使用状況に関して問題が発生している場合があります。 いずれのケースも、貸主にとっては難しい条件となっています。貸し続けることを前提に考え、もしもの時のことを考えて、借主と円満な関係を保つように心掛けましょう。

土地のこと

家と小川

不動産購入をするためには土地が必要で、土地は面積や立地条件によってかかる金額が異なっています。地価は毎年変動しているのでそれを見極める必要があります。良い土地を見つけたらその環境や利便性などを調べておくと良い土地を手に入れることができます。

Read more »

経験豊富なプロが対応してくれる相続や不動産売却のことならこちらに相談してみましょう。解決へのアドバイスをさせていただきますよ。

相場を考える

洋風のリビングと窓

賃貸マンションによって立地や家賃相場が異なっていますが、その物件の相場を把握していないと高いか安いかの見分けがつきません。家賃は今後生活のことを考えてバランスよくすると快適な生活を送ることができます。

Read more »

登記手続き

グレーの家

相続不動産売却などの手続きをするときには登記手続きをする必要があります。中抜け登記はできませんので手続きをする際には気をつけなければなりません。不動産売却をする人の中には相続税を支払うために行なう人も増えてきています。

Read more »

部屋を探す

戸建の家と芝生

パソコンのインターネットからは一人暮らしのための部屋さがしをすることができます。昔は自分の足で物件探しをしなければなりませんでしたが、そのような手間が必要ないのが魅力の一つといえます。こうしたホームページは社会人だけではなく学生にも幅広く利用されています。

Read more »

競売と任意売却

花と家

競売は住宅ローンが支払えなくなると自動的にその住宅が市場で売却されてしまい、最低価格で決定されることが多いです。ですが任意売却は早く手続きができ、場合によっては値段交渉をすることも可能です。市場価格の相場で売却できる可能性が高い手段であります。

Read more »